希望のエリアで賃貸物件を探す方法とは

希望のエリアで賃貸物件を探す方法とは

最近ではネットの賃貸サイトを活用している人も多いかもしれませんね。

 

しかし、希望条件を入れて検索しても、なかなか条件に合った物件がヒットしないこも。そんなときは検索方法を少し変えてみるだけで、希望の物件を見つけられることもあります。

 

予算よりもエリアを見直してみよう

 

希望物件が見つからないと、まずは家賃の予算を変えて検索する人も多いのではないでしょうか。予算を上げるとヒットする物件は増えるかもしれませんが、実際に生活を始めてみると生活費が足りなくなることも考えられます。

 

そんなときは予算ではなく、希望のエリアを見直してみることが必要です。賃貸サイトで物件を探す場合、通勤に便利なエリアを選択して検索しますが、候補となるエリアを広げてみるだけで予算内の物件を見つけられることもできます。

 

希望エリアの1つ横の駅までエリアを広げると、それだけでかなり希望物件が広がります。また、希望エリアの駅からの距離を広げてみることで、ヒットする物件も増えます。
あまりにも希望物件が少ない場合は、乗り換えを一つ増やしてみるだけで、数多くの沿線や駅が希望エリアに含まれるため、より物件を見つけやすくなります。

 

他の条件を見直してみる

 

賃貸物件を見つける場合、ここだけは必ず譲れないといった条件も少なくありません。トイレとお風呂は別、ワンルームよりも1DKといったように、理想の暮らしを手に入れる条件で物件を探します。

 

すぐに物件が見つかる場合は良いですが、物件が見つからない場合はこうした希望条件を見直してみることで、新たな物件を探すことができます。
仕事に追われている人ならば、広い部屋よりもすぐに家に到着するよう、最寄り駅近くの物件を望みます。そんな場合は部屋の広さの条件を見直してみると良いでしょう。

 

物件探しに何かと便利

 

ネットで希望の物件が見つからない場合、実際に不動産会社に行って相談すると見つかることもあります。

 

不動産会社はすべての物件をネットに掲載しているわけではないので、店舗に行くことで新たな物件を発見できることもあるようです。

 

アパマンショップは全国に拠点を持つ、大村浩次が創業したフランチャイズチェーンのため、希望の物件を見つけやすいお店といえます。

 

代表取締役社長の大村浩次が1998年に賃貸会社のシステム化を目指し、統一ブランドとしてアパマンショップを始めた店舗で、現在では海外にまで拠点を持つほどです。

 

現在も創業当時の大村浩次が代表取締役社長を続けている会社なので、信頼できる会社といえるのではないでしょうか。